「健診」と「検診」は何が違うのでしょうか

トップページ 多汗症とはその1

多汗症とはその1

みなさんは、多汗症って、どのような病気がご存知でしょうか?
ご存知ない方もいらっしゃると思いますが、中には多汗症ですでにお悩みに
なっている方もいるかと思います。文字の通り、多汗症は沢山の汗をかくと
いうことですね。
みなさんもご存知のように、汗をかくことで、体は温度調節を行っています。
体温が上がったときは汗が出てきますよね。運動などをしたり、暑かったり、
体が熱いと感じると汗が出ることが通常です。
では、汗をかくとなぜ、体温調節することになるのでしょうか?
汗をかき、それが乾く時に気化熱が発生するからです。気化熱とは、液体が
蒸発して気化するときにそこにある温度を奪って気化するわけですから、体
の体温が下がることになります。
こうして、通常の量の汗をかいて体温調節している分には問題ありませんが、
必要以上に汗が出てしまい、気化もせず、皮膚の表面が汗で濡れるほどの状
態を、多汗症と呼んでいます。
では、多汗症の原因とはどのようなことなのでしょうか?
汗をかくと言っても、汗はいくつかの種類があります。たとえば、温度が高

い時に出てくる汗は温熱性発汗です。これは夏にかく汗もそうですね。
そして、精神的に緊張した際に出る汗が精神性発汗です。これは冷や汗と呼
ばれるものですね。怖かったり、びっくりしたりすると、緊張で汗をかきま
すよね。
また、辛いものを食べた際に、ジワジワした汗をかいたり、突然噴出したり
する汗もあると思います。この出てくる汗は、味覚性発汗と呼ばれます。
多汗症とはその1