「健診」と「検診」は何が違うのでしょうか

トップページ 多汗症とはその4

多汗症とはその4

部位を水道水に浸して、直流電流を流します。治療を中止すると、その発汗
量は元の状態にもどってしまいます。水道水イオントフォレーシスが乾電池
を電源にして使える装置も販売されています。
それから、手のひらの汗の症状が強い場合は、胸腔鏡を使い、胸部交感神経
節切除術という方法があります。手術で確実に手のひらの汗は止まります。
ですが、この手術のマイナス点として、代償性多汗が多くの人に現れている
ようです。代償性多汗は、体の違う部位、例えば、腹や背中に多汗が現れて
しまうことです。
手のひらの多感は完璧に治っても、他に出てしまう可能性があると言うこと
なのです。
このように、治療法も何通りかあり、それぞれ長所と短所があります。多汗
症のうち、手のひらに汗をかくのは思春期に現れやすいものです。
そして、これは成長すると軽くなります。ですから、思春期で多汗症になっ
ている人はあせって治療するのか、じっくり待ってみるのか、考えてみたほ
うが良いでしょう。
また、自分に適した治療方法はなにか、お医者さんとじっくり話し合うべき

でしょう。
多汗症はわりと身近な病気ですから、自分が多汗症だと気が付かずにいる人
もいるでしょう。緊張すると手に汗をかく、緊張するとワキに大量の汗をか
く、そんな人は多いはずです。
誰だってそのような経験がありますから、それが病気だと思いにくいのでは
ないかと思います。ですが、仕事に支障が出たり、日常生活で困るような汗
の量だったりすると、多汗症かもしれません。
そんな方は思い切って受診してみると良いでしょうね。また、家族やパート
ナーが多汗症かもしれないと思ったら、受診をすすめてみても良いでしょう。
多汗症とはその4